プロフィール

みん

Author:みん
手作り、草木染め、フェアトレードなちきゅうの雑貨。

【場所】
〒399-8204
長野県安曇野市豊科高家5218−4
(松本駅から車で15分、大糸線梓橋駅 徒歩3分)

【営業時間】 
木・金・土・日
11:00〜17:00

*上記でもイベント出店等でお休みする場合があります。

【Mail】
min8poi@gmail.com

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター
最新トラックバック

どういう風に生きるか

Sat.22.07.2017 0 comments
「次の世代にお金は残せないけど いい土を残すことはできる。いい土があれば作物がとれる。」

20170722113901276.jpg

さいきん「人生フルーツ」という映画をみました。

愛知の街中に土地を買って 雑木林をつくり、庭や畑にたくさんの果樹や作物を育て 暮らしている 90歳近い老夫婦のおはなし。

日々の生活の描写をみているだけで 涙があふれました。

そこには ゆるぎない まっすぐな信念があるから。

時代や 世間というものに流されない じぶんのなかの愛にもとづいて生きたひとの一日、いちにちの愛おしさ。

とてもとてもいい映画でした。

たくさんのひとにみてほしいです。

松本だと7/30にシネマセレクトで上映があります。

と、最近読んだ本。

20170722113835930.jpg

「最低で最高の本屋」/松浦弥太郎

出店で車中泊が2泊つづいたので夜ひまでなんとなしに買った本。

そのむかし「就職しないで生きるには」というレイモンド・マンゴーというひとが書いた本がありました。

その本を読んだ本屋を営む弥太郎さんのいまの生き方、在り方 の本。

下記引用です。

毎日を少しでも幸せに生きよう、そうするにはどうしたらいいのかと日々工夫することができれば、僕はどんな生き方、過ごし方でもいいとおもいます。

それが自由ということです。

人にはその人にしかわからないそれぞれがあるから、歩む道もたくさんあって、その道それぞれに良さがあって、それは選ぶことができて、選ぶものがなければ新しくつくればよくて、

何回やり直しても自由に、止まったり引き返したっていいのです。(引用 おわり)

ふたつとも じぶんの胸のなかのだいじにしてることをだいじにしたひとの 実際の生き方、じんせいの話です。

とても とても よかった☆

さて!きょうも いちにち だいじに過ごしたいとおもいます。

« 8月の営業日 - Home - ねこ。 »

0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop