プロフィール

みん

Author:みん
手作り、草木染め、フェアトレードなちきゅうの雑貨。

【場所】
〒399-8204
長野県安曇野市豊科高家5218−4
(松本駅から車で15分、大糸線梓橋駅 徒歩3分)

【近々の営業日】
12/15(木)・16(金)
以降は冬季休業となります。再オープンはいまのところ4月の予定です。

【営業時間】 
木・金・土・日
11:00〜18:00

【Mail】
min8poi@gmail.com

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター
最新トラックバック

服作り

Sat.04.03.2017 0 comments
あ!

っといまに帰国して2週間がたちました。

服作りとバイトの日々です!

ことしの冬の留守中の被害はこれ。
2017030419364963c.jpeg

ねずみです。

ともだちがだいじに育てたホピコーン。

かわいくって飾ってたら こんなことになっちゃった。。

そして服作り。

藍染生地でレンテンパンツをちくちく手縫い。
20170304193647617.jpeg

春になって 日当たりのいい縁側でちくちくが最高にしあわせです。

こんなのや、
20170304193649dd2.jpeg

こんなの。手紡ぎ手織り草木染め。
20170304193646c8e.jpeg

ラオスの村ではじめて服をぜんぶ手縫いで作ってから 手縫いがおもしろくなってきました。

日本でも 昭和初期ぐらいまで 一針、一針縫う縫い目には魔除けの力があるといわれていたそう。

反物をあわせなくても作れる子どもの着物の背中には縫い目がないため、「背守り」といって わざわざ背中に刺繍や 縫い目を入れる風習がありました。

ちくちくちくちく

おかしたべながら お茶のみながら

たのしい うれしい です。

チェンマイとか

Wed.08.02.2017 0 comments
約一ヶ月の旅もおわりに近づいています。
20170208205228b6a.jpeg

タイの熱帯の植物のかんじや、
20170208205225adf.jpeg

「これはこうじゃなきゃいけない」というのがぜんぜんなくて、なんでもいい感が街にあふれてる感じに、来るたびに いいなぁ、楽だなぁ、と思ってしまいます。

チェンコーンの安定の極上宿、「パパイヤヴィレッジ」。
201702082052327c1.jpeg

道もかわいい。
201702082052290b9.jpeg

チェンマイのオーガニックベジ食堂「pun pun market」。
20170208204934ace.jpeg

すぐ横の畑で採れた野菜で調理してくれます。
20170208210954e6d.jpeg

きょうは 行きたかったお店2軒が 閉まっていたり、移転していました。

タイでは 物事を深くかんがえず、思いつきでお店をはじめ、やっぱやめる!とか 違うとこにだそう!ということがたくさんあるみたい。

そのかんじ、イージーでとっても好き。

せかいには いろんな価値観と暮らし。

そして、おんなじように きょうも日が暮れました。
20170208204937399.jpeg

布の旅。

Thu.02.02.2017 0 comments
ラオスの村で すてきな布にたくさん出会えました。

庭に生えてる綿から花をとり、


20170202174046ba7.jpeg

糸を紡いで 機織をし、庭に生えてる草花で染めた布。

ウコン。
20170202174051c13.jpeg

なんかの赤い実。
2017020217405227a.jpeg

わーっとみんな布をもって集まってくる。
201702021740497c3.jpeg

もうただただ すばらしく、買った布でなにを作ろうか考えるとわくわく!

これは チェンコーンのかわいい雑貨やさんの台所。
20170202174045b94.jpeg

たいようが入ってくる台所。かわいいなぁ。

いろんな暮らし。

べんきょうになります。

タイ、ラオス。

Fri.27.01.2017 0 comments
レンテン族の村の朝もや。


服作りの布地やパーツを買うため、タイ、ラオスに来ています。

念願の、レンテン族の村に5日ほど滞在しました。

お肉は 放し飼いの豚や牛、にわとり。畑には野菜。

薪や炭の火で料理をし、
2017012700072343f.jpeg

女のひとは布を織って
20170126234107f91.jpeg

それを藍で染めて、手縫いで服や小物をつくります。
2017012623410624c.jpeg

この村で 一日中 ちくちく 針しごとをおしえてもらいました。
2017012623411132c.jpeg

ちくちく道場と化した レンテンの村では

朝7じに起きた瞬間から お母さんが 針道具をもってきてくれて 教えてくれるというありがたさ。 笑(みんなは5時半くらいには起きてるみたい)

素朴な人たちと村の暮らし。

うたを口ずさむように、さらりと 藍染したり 布を織ったり。

おもしろかった!

次はルアンナムター(ラオス)へ。

わんこ たくさーん!いちにちの終わりに。
201701262341102aa.jpeg

パンやさん!

Wed.11.01.2017 0 comments
すかーん!と晴れた冬の日にドライブがてらむかったのは、青木村にある「木ままや」というパン屋さん。
201701111938516fe.jpeg

2016ねん11月にオープンしたてのほやほや。

このパンやさんの店主、ともちゃんとはイベントで知り合って、すぐに人柄にほれてしまいました。
20170111193851a3d.jpeg

そんなともちゃんの焼くパンは、どっしりしていて、なのにやわらかくって、かめばかむほど味わい深くって。
20170111193850eed.jpeg

「あ〜おいしい・・」と思わずこころから言葉がこぼれました。
20170111193850c27.jpeg

古い土蔵を改装したお店もすてき**

帰りに近くの温泉にはいって(200円)、歌をうたいながら帰る道。

はっ!と我にかえると、行きには通らなかった知らない山道をぐんぐんとすすんでいっています。

「この道〜はいつかきたみちー」と歌いながら。

いや、ぜんぜん来たことのない道です。

ナビを使い、引き返して、ぶじ家につきました。

無意識ってすごい。

わたしはよくこの「無意識」な状態になってしまいます。それでいままで2回ほど事故をしてしまいました。(切り株にのりあげる、街灯にぶつかる(共にレッカー))

体に意識がないときはどこにいっているんだろう。

よくわからないけど、せっかくこの世にうまれたので 日々いろんなことはあるけれど 今にチューニングして
じぶんのこころに素直に だしおしみせずに 生きたいとおもいます。

2017ねんの目標は「出し惜しみしない」にします!(いま決めました)

青木村の自家製酵母のパン屋さん「木ままや」。またすぐにでも行きたいです。

上田からも近いので、上田に行った際にはぜひぜひ寄ってみてください。

木ままや
https://www.facebook.com/天然酵母パン-木まま屋-318597335180980/
長野県 青木村 村松1985−2
水・土営業
(10:00〜14:00)

(すでに人気店!しかもひとりで切り盛りしているので、はやめに行かないとパンないかも)

topTop - Next Page »